紀伊半島のドライブと写真

トップ画像

「古城そば」 お家で本格的な蕎麦を。

2019年5月18日 【食べもの】タグ:

長野県松本市にある熊谷製麺という製麺所が販売する「古城そば」という蕎麦です。
長野県の松本市を中心とする地域のスーパーで販売されています。

自宅で本格的な蕎麦を楽しめます。

ワンパック(二食分)で麺つゆ二つとワサビがついています。
写真はそれを2パック並べたもの。

熊谷製麺の古城そば2パックの写真画像
古城そば

私はこの「古城そば」を知るまで蕎麦は打ちたてを出す蕎麦屋さんに行かないと食べれないものだと思っていました。
と言っても私の住む関西では蕎麦屋さんでもまともな蕎麦を食べれるお店など殆どありません。
ましてスーパーで売っている半生の麺など本来の蕎麦とは別物のようです。
和歌山県にいたれば「そば」と言えば中華そばのことで、スーパーには蕎麦は殆ど置いていない場合が多い。

蕎麦の産地で土産物の蕎麦を買って帰ってもそれと同じようなもので、何度もがっかりしました。

ただ、蕎麦屋さんで食べる蕎麦とスーパーや土産物の半生の蕎麦とのあまりの違いに、
本当に蕎麦は打ちたてでないとこうも変わるものなのかと納得できない点はありました。

そこである時、長野県のスーパーで売っている蕎麦なら大阪のスーパーとは違うもっと蕎麦らしいものが売っているのではないかと思い立ち、蕎麦を買って食べてみようと思いました。
それから長野県に行く度にスーパーを廻って何種類かの蕎麦を買って帰って食べ比べてみました。
長野県には釣りなどで度々行くのですが、それまでは蕎麦屋で蕎麦を食べていましたが地元のスーパーで買ったことはありません。

最初「道祖神そば」というのが、良い感じで蕎麦湯も飲めるので何度か買ってみましたが、
そうこうしているうちに松本のスーパーで「古城そば」というのを買って帰って食べてみると「道祖神そば」より本格的な感じがしたのでネットで「古城そば」を検索してみると当時2、3「古城そば」を取り上げているブログがあり、良い評価をしていました。

ただ、残念なことにネットで検索しても熊谷製麺自身のホームページは見当たらず、
製麺会社は小さいところも多いので熊谷製麺も小さい製麺屋さんかと思い込んでいました。
その後松本市に行った時に熊谷製麺に電話してみると工場で直接購入出来るということなので行ってみることに。
すると予想に反してそこそこの大きさの製麺会社で、通販でもクール便で送れるということなのでその後何度か利用しています。

工場直の通販の場合はワンパック(二食分)で270円ぐらい、良く行く茅野市のスーパーではいつも200~230円くらいで買っていると思う。
松本市のスーパーで150円ぐらいで買ったこともあった。

工場直の通販の場合、製造日の発送で製造日を含めて六日の消費期限。

通販で購入の場合は送料がもったいないのでまとめて購入して知り合いに配ったり、
地元で買ってもそこそこまとめて買ってくるのでしばらくは連日蕎麦を食べることになってしまいます。(笑)

お湯に入れた時にすぐに解けるように蕎麦を平たく一食づつラップに包んで冷凍しても私的には食感OKです。

今回は茅野市のスーパービッグで購入しましたが、陳列棚はガラガラで3パックしか残っていませんでした。

熊谷製麺(株)
〒390-0841 長野県松本市渚4丁目2−10
TEL 0263-25-1497
FAX 0263-25-4541

 

関連記事

箕島漁協直営産直市場「浜のうたせ」

和歌山県有田市箕島漁協直営の産直市場「浜のうたせ」に行って来ました。実はこの日深日港にイワシ釣りに出かけたのですが、水の色も悪く、7時前まで様子を見ましたが周りも上がっていないので、早々に切り上げて以前から気になっていた箕島の「浜のうたせ」に行くことにしました。

黒枝豆 丹波篠山

初めて丹波篠山に黒豆の枝豆を買いに行ったのはもう30年も前になると思う。体育の日ごろになると道端で各農家の直売が始まる。何年か通っているうちに丹波篠山の黒豆でも特に川北産が良いと聞き、川北地域をグルグル回ったが直売農家は見つからなかった。 …

アーカイブ
2019年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031