紀伊半島のドライブと写真

トップ画像

信楽の秋を超広角レンズで撮影

信楽焼きの登り窯と紅葉の写真画像
信楽焼きの登り窯と紅葉

これまで何度も行ってその度に陶器を少しづつ買ってきた信楽ですが、NHKの朝ドラ「スカーレット」の舞台になって実際に現地でロケも行われたようなので、また、最近購入したタムロン10-24mm超広角レンズで信楽の写真を撮影してみたいということもあり、2019年11月に信楽に行ってきました。

これまでは名阪国道「壬生野I.C.」で降りて信楽町に向かったと思うが、今回上野I.C.で降りて信楽へ走ったところ、新しい道路ができているようで信楽まで驚くほどすぐでした。

平日だったのでそれほど人出は無かったが、それでも朝ドラ「スカーレット」のロケ地には結構観光客がいました。
ただ、閉めてしまったらしい陶器屋さんもあり、残念なところもあった。

時期的に紅葉を期待して行きましたが、街中や周辺の山にも紅葉はほとんどなく、上の写真のところぐらいでした。

ところで超広角レンズでの撮影ですが、やはり難しいです。
超広角レンズを生かした撮影は撃沈でした。



 

今回残念だったのがあまり安い掘り出し物がなく、価格も全体的に高くなっている感じがした。
立杭焼きは結構高いイメージを持っていたが、信楽焼は私のような陶器の良し悪しもわからない人間でも気軽に手を出しやすい庶民的なイメージで、特に安い半端ものを探して回るのも楽しかったが今回は見つからなかった。連ドラ影響?。

 

これまで信楽で買ったぐい呑みなどの信楽焼はこちらにアップ。

 

以前行った時の信楽散策の写真はこちら。

 

地図の信楽交番とある横に無料の駐車場と公衆トイレがあります。
歩きでの散策は国道を渡って直進すると神社があるのでその左側の道を入って行った一帯が中心になります。

紫香楽一宮 新宮神社の写真画像
紫香楽一宮 新宮神社
信楽 紫香楽一宮 新宮神社の写真画像
紫香楽一宮 新宮神社
信楽散策路 窯場坂の写真画像
信楽散策路 窯場坂
信楽焼きの登り窯と紅葉の写真画像
信楽焼きの登り窯と紅葉

 



信楽焼きの登り窯の写真画像
信楽焼きの登り窯
信楽焼きの登り窯の写真画像
信楽焼きの登り窯
信楽らしいマンホール蓋の写真画像
信楽らしいマンホール蓋
信楽焼きの登り窯の写真画像
信楽焼きの登り窯

信楽

信楽焼きの登り窯の写真画像
信楽焼きの登り窯
NHK朝ドラ「スカーレット」ロケ地の写真
NHK朝ドラ「スカーレット」ロケ地
NHK朝ドラ「スカーレット」ロケ地の写真
NHK朝ドラ「スカーレット」ロケ地

 

 

信楽散策路での写真画像
信楽散策路での撮影

 

信楽駅前の巨大タヌキの写真画像
信楽駅前の巨大タヌキ
信楽高原鉄道の信楽駅の写真画像
信楽高原鉄道の信楽駅
信楽陶芸館の写真画像
信楽陶芸館

陶芸館

 

信楽 まるとく陶器の写真画像
まるとく陶器

いつも購入しているお店 国道の信号の交差点

 

こちらも良く利用 交差点と神社の間 以前サービスでもらった湯飲みがお気に入り。
信楽焼き窯元の写真画像

 

 

 

関連記事

中山道 須原宿

中山道六十九次39番目 木曽路 須原宿須原宿は長野県木曽郡大桑村。宿場の延長は4町35間(450メートルぐらい)。問屋二軒・本陣一軒・脇本陣一軒・旅籠三十五軒で当時としては平均的な宿場らしい。旅籠35軒って結構あるもんです。現在は妻籠や奈良井のような宿場町の雰囲気は殆どありません。脇本陣跡が西尾酒造という造り酒屋さん。 ..

早朝が撮影のチャンス! 飛騨高山の古い町並み

2019年5月 飛騨高山、御嶽山周辺、二泊三日の二日目。夜に出発して明け方到着の予定。今回の道程は東海北陸自動車道の郡上八幡で降りて国道256号線和良町方面へ進み、濃飛横断自動車道を走って国道41号線で下呂を通って飛騨小坂から鈴蘭高原へ行きまずは野鳥撮影の予定だった。しかし出かける時点で朝方上がる予報の雨が降っていた。 …

桜 下市町コミュニティ体育館横廃校

下市町コミュニティ体育館横廃校奈良県下市町の春は色んな花が一度に咲いて、冬の寒さに耐えた時間を取り戻そうとするような華やかさです。モクレン、サンシュユ、枝垂桜、ソメイヨシノ  次から次へと競うように咲いて、訪れる人を楽しませてくれます。ふだんはほとんど行きかう人もなく静かな所ですが、春から夏にかけて、花見の人、 …

五箇山 菅沼合掌造り集落

世界遺産 菅沼合掌造り集落五箇山 は 40 の小さい集落の総称で世界遺産に登録されているのは相倉と菅沼の二つの集落です。菅沼合掌造り集落では現在9戸の合掌造り家屋が残っています。菅沼合掌造り集落は庄川のわずかな面積の河岸段丘にあり、現在9戸の合掌造り家屋が残っています。日本有数の豪雪地帯で養蚕や塩硝作りを行うために、 …

紀州漆器の里 黒江の町並み

紀州漆器の里 黒江の町並み紀州漆器(黒江塗)は和歌山県海南市の北西部、黒江地区を中心に生産されています。紀州漆器は、室町時代に紀州木地師によって、渋地椀が作られたのが始まりだと言われています。シンプルで丈夫、気軽に使え実用的で、江戸時代から庶民の日用品として親しまれて来ました。黒江は日本の漆器、四大産地(会津漆器、 …

中山道 福島宿

中山道六十九次37番目 木曽路 福島宿木曽福島は木曽谷の中心地として古くから栄えてきた町で関所があった宿場町。木曽福島の老舗旅館”おん宿 蔦屋(つたや)”は「木曾路はすべて山の中である」の書き出しで知られる島崎藤村の「夜明け前」にも出てくる。現在も関所跡が残り、町中を散策できる。木曽福島のお勧めは何と言っても蕎麦。 ..

白壁の町 柳井

山口県柳井市 白壁の町 柳井約200mの通りに、江戸時代の商家や町家が残り、白壁の町並みがつづく商都として栄えた柳井です。道路面が綺麗に整備されていてどうも造った感が強い。白壁の町というものの壁が白すぎて江戸時代からこんなに白かったのかと疑問に思ってしまう。どうも風情を感じない。柳井市観光協会柳井商工会議所 …

小布施 長野県

栗と北斎と花の町 小布施小布施は長野県内で最も面積の小さい自治体ということ。町づくりに力を入れているようで私が訪れた日も結構散策の人が多かった。葛飾北斎は晩年に小布施町に4年間在住したということで、1976年に美術館「北斎館」を開館したのでしょうね。特産物は栗でその菓子屋さんが多いです。散策は広い範囲ではないが、 ..

蓬萊橋、島田宿、茶畑

2015年の正月、大晦日から静岡、富士山、西伊豆と回って来た。その初日。蓬莱橋12月30日の夜中に出発して朝からうろうろしながら大晦日は御前崎泊。31日の朝まず御前崎に行った。その後蓬莱橋を見学に。蓬莱橋は静岡県の大井川に架かる国内最長の木造橋。全長897.4m。ネットでちらっと写真を見ていたので、 …

山中渓の町並みと桜風景

紀州漆器の里 黒江の町並み紀州漆器(黒江塗)は和歌山県海南市の北西部、黒江地区を中心に生産されています。紀州漆器は、室町時代に紀州木地師によって、渋地椀が作られたのが始まりだと言われています。シンプルで丈夫、気軽に使え実用的で、江戸時代から庶民の日用品として親しまれて来ました。黒江は日本の漆器、四大産地(会津漆器、 …

アーカイブ
2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031